サンジミニャーノのレストラン「CUM QUIBUS」

2016.08.25 
         

サンジミニャーノのレストラン「CUM QUIBUS」。トリップアドバイザーで人気だったので行ってきました。ランチタイムにもかかわらず満席。地元の方でにぎわっているというより観光客の方が多い印象でしたが、独創的な料理で見た目にも楽しませてくれます。

 

sangimignano-restaurant11 予約をしていたつもりが、実は予約が取れていませんでした(お店側のミスではなくこちら側のミスです)。でも、ランチタイムに一番乗りだったせいか、無事に席を確保できました。こじんまりした、ちょっとアートな印象のレストラン。

 

sangimignano-restaurant03
メニュー選びに迷っていると、「日本人がいるから呼んでこようか?」とカメリエーレが声をかけてくれました。お願いすると、厨房から若い日本人の男性がやってきて、あれこれ教えてくれました。とても助かりました!彼がいつもこちらのお店にいるかどうかは不明です。

 

sangimignano-restaurant09
前菜は「Porcini Terrina, Flan e Soffice Con Prosciutto Di Cinta Senese A Coltello, Erbette」。13ユーロ。ポルチーニ茸とハムの料理。このお店は、1皿を2人でシェアすることが可能です。あらかじめ取り分けて出してくれます。

 

sangimignano-restaurant05-02
こちらも同じ前菜のつづき。皿がとってもおしゃれ。

 

sangimignano-restaurant10
プリモピアット(一皿目)は「Gnudi Tradizione Di Ricotta, Tobinambur, Timo E Tartufo」16.5ユーロ。”Gnudi(ヌーディ)”は、リコッタチーズと少量の小麦粉をこね合わせたお団子みたいな感じのパスタです。ニョッキよりも軽い歯ごたえ。

 

sangimignano-restaurant07
プリモピアット(二皿目)は「Tagliolini, Tartufo E Tartufo」。16.5ユーロ。「トリフ&トリフのタリオリーニ」という、とってもわかりやすい名前のついたパスタ料理。

 

sangimignano-restaurant08
セコンドピアットは「Costata Disossata, Sedano Rapa E Tartufo」。24ユーロ。リブロース肉?の上にスライスしたトリフがのっています。

 

全体的にイタリアン(西洋)の創作料理という感じのメニューでした。個性的な料理にマッチするよう、盛り付けや皿にも凝っていました。ご当地ワイン「ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノVERNACCIA DI SAN GIMIGNANO」も、もちろんありましたよ(^^♪

<店舗情報>
住所:Via S. Martino,17, San Gimignano,
電話番号:+39 0577 943199
ドォーモ広場から、サン・マッテオ広場を北へ進みます。途中右折し、サン・マルティーノ通りにでると、その一角にお店があります。閑静な場所です。

【おすすめ情報】個人旅行者がホテル検索をするのに便利なサイト「trivagoトリバゴ」です。ホテル予約サイトの横断検索ができますよ♪