ベネチアでプライベート感を満喫!!おすすめホテル「サヴォイア&ヨランダ」

2016.08.10 
         

前回のベネチア滞在では中心地から離れた格安ホテルに宿泊しました。移動時間のロスが多かったこと、運河の風景をホテルから楽しめなかったことから「ホテル選びを失敗したなぁ」との思いがありました。

そんなこともあり、今回のベネチア旅行では立地&景観にこだわったホテルを選ぼう!と決意。

理想の立地はベネチア本島のサンマルコ運河沿いのロケーション。宿泊するのはラグーンビューの客室。一歩外に踏み出せば、サンマルコ広場やサンマルコ寺院、ドゥカーレ宮殿などの観光スポットへ徒歩数分でアクセス可能。

そんな華やかなロケーションを選びたいなと思っていました。友人同士の女二人旅なんですけどね^^;。新婚旅行(ハネムーン)みたいなホテル選びですよね。

候補に挙がったのは20軒以上。水上バス(ヴァポレット)乗り場からのアクセスの良さや予算なども考慮し、最終候補に残ったのが「サヴォイア&ヨランダ Savoia & jolanda」(4つ星ホテル)でした。結果的に、こちらに宿泊できてとても良かったと思います。

このページでは「サヴォイア&ヨランダ Savoia&Jolanda」に宿泊した感想などを紹介します。ベネチアのホテル選びの参考にしてください♪

 

ベネチアのホテル「サヴォイア&ヨランダ Savoia & jolanda」の名前の由来は?

savoia-jolanda

ホテル名「サヴォイア&ヨランダ」について、「サヴォイア家」にちなんで名づけられたことは想像できます。サヴォイア家はイタリア王国時代(1861~1946年)の王家です。「ヨランダ Jolanda」はおそらく王女の名前。

ヨランダは”水泳や乗馬を好むスポーツ好きで活発な王女だった”とか(出典:weblio)。肖像写真からはチャーミングさがうかがえます。

イタリアのフェラーラ県には彼女の名を冠した「ヨランダ・ディ・サヴォーイア Jolanda di Savoia」という小さな町もあります。

この町と関係があるのかもしれませんし、ヨランダ王女に何か直接のゆかりがあるのかもしれません。いずれにしても、ネット検索をした限りではホテルの正式な由来はわかりませんでした(わたしの調べ方が悪いのかな)。でも、なんだか想像(妄想)が膨らみました☆

 

ベネチアのホテル「サヴォイア&ヨランダ Savoia & jolanda」の客室

savoia-joland01

わたしたちが宿泊したのは「デラックス  ジュニアスイート  ラグーンビュー(運河の眺望あり)Delux Junior Suite lagoon view」。メゾネットタイプの部屋です。出入口のドアを抜けるとシーティングスペースがあり、階段を下ってベッドルームへと続きます。

 

savoia-joland02

ダブルルーム仕様でしたが、夕方、わたしたちの外出中に、ホテルの方がベッドを離してツインルームに仕立ててくれていました。

 

savoia-joland09-01

カード&チョコレートが添えられていました。

 

savoia-joland05-01

実はこの部屋、外の景色を楽しめるような窓がありません。初めに部屋に通されたとき、「大運河を眺められる窓がない!!」と不安を覚えました。部屋の使い方について説明を聞いている間、クレームを申し立てなきゃなぁっと戦々恐々としていたところ、最後に上階のテラスへ案内されました。

 

savoia-joland06-03

そこにありました。ラグーンビューです。友人もわたしも「わぁー♪♪」と嬉しい気持ちでいっぱいに。大運河越しの対岸に見えるのは、サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会(San Giorgio Maggiore)です。

 

venezia-hotel01-01

多くの観光客で賑わうベネチアですが、こちらのテラスでだけはプライベート感を満喫。目の前の壮麗な景色を独占している気分でした。わたしのようなバックパッカーには、普段味わえない贅沢なひと時です。「この景色を見ながら、よく冷えた白ワインが飲みたいねぇ」と友人がつぶやいていました(友人は酒豪です^^;)。

 

ベネチアのホテル「サヴォイア&ヨランダ Savoia & jolanda」のバスルームとトイレ

savoia-joland04-01

savoia-joland03

バスルームは擦りガラスで仕切られた部屋の奥のスペースに。ジェットバス付きの浴槽です。大きなバスタブで(カップルだったら余裕をもって二人で入ることができそうな広さ)、旅の疲れが癒されました。

 

savoia-joland11

トイレは部屋の入口脇に。バスルームとトイレが分かれているっていいですよね☆

 

ベネチアのホテル「サヴォイア&ヨランダ Savoia & jolanda」の朝食

savoia-joland08

朝食会場は、地上階の「スキアヴォーニ河岸」に面したレストランです。行き交う人々を眺めながら朝食をいただきました。室内のテーブルを選ぶことも可能です。食事の内容は温かいスクランブルエッグやソーセージなどもあったので、アメリカンブレックファーストだったと思います。

 

ベネチアのホテル「サヴォイア&ヨランダ Savoia & jolanda」のロケーション

piazza-san-marco01

ベネチアの中心「サン・マルコ広場 Piazza San Marco」まで徒歩3分ほど。観光に大変便利なロケーションです。複雑に小路の入り組んだベネチアの街を散策したあとも、割とスムーズにホテルまで戻ることができました。時間的にも体力的にも無駄な消耗がなくて良かったです。

 

最後に

トリップアドバイザーの口コミでは「サービスが悪い」との書き込みをいくつか見つけました。確かに、至れりつくせりのサービス精神を感じることはできませんでしたが、ベネチアのこの立地にしては宿泊料金が安いので、値段相応のホスタピリティはあったように思います。フロントの方はこちらの質問に対して的確に応えてくれましたし、気を利かせてベッドを離してツインルームにしてくれていましたし。サービスに関して特に不満を感じることはありませんでした。

何よりも、最高のロケーションでベネチアを満喫できたこと、それだけで大満足でした。ジャグジーのお風呂も気持ちよかったな♪

 

最安値保証・航空券+ホテルを予約するとホテル代が最大無料になる特典があります。
ベネチアのホテル「サヴォイア&ヨランダ SAvoia&Jolanda」の詳細・空室・料金を見てみる

◎ベネチアのその他のホテルについて知りたい方はこちらから。
ベネチアで運河の風景を大満喫できる!5つ星&4つ星おすすめホテル9選

 

<サヴォイア&ヨランダ Savoia & jolandへのアクセス等>

住所:Riva Degli Schiavoni 4187,Venezia
電話:39-041-5206644
アクセス:
サンタ・ルチア駅前から:ヴァポレット(水上バス)5.1番(*1)→「サン・マルコ-サン・ザッカリア(ダニエリ)”F”/S.MARCO-S.ZACCARIA(Danieli)”F”」下船→右手に数十メートル進むとホテルの入口
サンタ・ルチア駅へ:ヴァポレット(水上バス)5.2番(*2)→「フェッロビア Ferrovia”B”」下船
*1:乗船場所がわかりにくいです。チケットを購入後、駅を背に左手に進みます。スカルツィ橋 P.te di Scalziのたもとの乗船所「A」から乗りましょう。
*2:ホテルの前から乗船します。下船した場所とは異なりますので注意しましょう。

★【最低価格保証】おすすめ予約サイト★

VELTRA