ニコンD750を旅カメラとして使った評価(良かった点・悪かった点)

         

ニコンD750は発売から2年以上経ち、手頃な価格に落ち着いてきていますね。わたしが買ったのは2015年の初めだったので、その頃からすると4~5万円は安くなっています。

後継機の発売が待たれるところではありますが、手頃な値段でニコンの中級機を買いたいという方にとって、今の時期のD750は魅力的なのではないでしょうか。

この記事ではD750を実際に使ってみて良かった点4つと、悪かった点1つを書いてみたいと思います。ド素人の感想なので、参考までにどうぞ。

 

【D750の評価・良かった点①】暗い場所でもキレイに撮れる

フルサイズ一眼レフの良さは暗いところでも撮りやすいという点だと思います。中級機とは言われているD750ですが、夜の撮影でも早いスピードでシャッターをきれるのでシャッターチャンスを逃しません。もちろん、明るいレンズを使っていると尚いいですよね。

 

イタリア・アッシジの街角にて

edit3-assisi2

イタリアのアッシジという街で撮った写真です。夕方、観光を終えてホテルに戻ろうと街を歩いていると素敵な一家に遭遇しました。とっさにカメラを構えたので、がっつりピンボケしてるだろうなと思っていたのですが、意外にも割とちゃんと撮れていました。

 

イタリア・ミラノの街角にて

edit4-milano

こちらも街歩きをしながら何気なく撮ったものです。暗くてもピントを合わせやすいと思いました。これまでニコンの初級機D5100(DXフォーマット)を使っていたのですが、D750に変えてからピントを合わせてからシャッターをきるまでのスピードは格段に上がりました。

 

横浜中華街にて

china-town01

ギラついたネオンや、キラキラした夜景などを見た目以上に華やかに映してくれます。うまく言えないのですが、描写力が高い?とでも表現すればいいのでしょうか。夜の街並みや夜景を撮るの楽しくなるカメラです。

 

【D750の評価・良かった点②】色味を変えることができる

nikon

D750には「ピクチャーコントロールシステム」という機能が搭載されています。作画意図にあわせて、赤、黄、緑、青の色味を自分でカスタマイズできる機能です。冷たい感じで撮りたいと思えば青味を強くしたり、逆に温かみを増したければ赤味を強くしたりできます。

個人的にこの機能を大変気に入ってまして、今日はこんな感じで撮ろうかなって思ったら、家でひとまず色味をセットしていって、現地で変えながら遊んでいます。他の機能はあまり使いこなせていませんが、「ピクチャーコントロールシステム」だけは使えるようになりました。

 

横浜中華街にて

china-town02

コチラの写真は中華街の提灯を撮ったものです。実際に目に見える色はもっと赤味が強く熱気にあふれ、ザ・中華街という感じなのですが、「ピクチャーコントロールシステム」で色味を変えると、ちょっと涼しげな雰囲気に撮れたりします。

 

浜離宮恩賜公園からの景色

view01

ピンク系のマゼンタ色を加えて撮ることが多いのですが、肉眼で見た感じとは少し違った絵画っぽい雰囲気で撮ることができます(と自分なりには思っていますが、完全に自己満足ですね)。

 

【D750の評価・良かった点③】トリミングしても画質が落ちにくい

イタリア・オルチャ渓谷にて

edit2-pienza単焦点レンズで撮るとズームがきかないので、あとでトリミングすることになると思います。そんなときもフルザイズ一眼なら、画質が落ちにくいと思います。↑上の写真は、元のサイズから10分の1くらいトリミングしたものですが、それほど画質が落ちていません。広い範囲を撮っておいて、あとでトリミングすれば、余計な部分を削除できて便利です。

 

【D750の評価・良かった点④】ハイキーやぼかしもちゃんと描写してくれる

D750だから・・・かどうかは分かりませんが、私の印象として、ハイキーやぼかしたで撮影したものも、ただぼんやりと写るだけでなく、奥行きが出てそれなりの写真に仕上がる気がします。

 

浜離宮恩賜公園のコスモス

view02

初めて、花の撮影にトライしてみた時のものです↑。露出補正をプラスにして、花びらを透かして撮ってみました。プロの人ならもっと構図とか背景とかアーティスティックに撮れると思うのですが、初心者でも何となくそれらしい花びらの写真が撮れた気がします。

 

スーパームーン

view03

スーパームーンの時に撮影した写真です。月を撮ろうと思って外出したものの、三脚を持たず35mm単焦点レンズを付けたまま。装備が全然ダメでした。ちゃんとした月の写真は撮れなかったので、ぼかしてみたところ、何となくふんわりとした可愛い写真が撮れたかなっと自己満足です。

 

ここまでは良い点を挙げてきましたが、悪い点にも触れてみたいと思います。

【D750の評価・悪かった点】女性にとっては重い

d750-01

やはりフルサイズ一眼レフカメラは、女性には少し重いです。ボディとレンズで1.5キログラムはありますからね。。。わたしは主に旅行や街歩きでカメラを使いますが、首から下げて歩くのはなかなかしんどいです。

だた、撮っている時は重さを忘れてしまいますし、持ち運びにはカメラリュックを使えばそれほど苦にはならないです。個人的には、重いからという理由でフルサイズをあきらめるのはもったいないかなっと思います。

 

最後に

わたしの場合、DXフォーマットのカメラ(D5100)を買ったものの、1年くらいでFXフォーマットのカメラが欲しくなり買い換えました。これなら初めからフルサイズ一眼を買っていれば良かったなと思っています。D750 は中級機と言われていますが、フルサイズの良さを十分に満喫させてくれると思います。写真を撮る楽しみが広がりますよ。

★発売当初から比べると本当に安くなりましたよね♪
Nikon デジタル一眼レフカメラ D750

★ホテル予約サイト★

最終更新日:2017.02.04