【ローマ 観光】旅行雑誌「TRANSITトランジット」で歴史を簡単予習

2016.04.21 
         旅行雑誌「トランジット」

イタリア・ローマの観光では、古代ローマ時代の遺跡を見学するのが王道コース。歴史を知っておくと、ローマ観光の充実度がさらにUPしますよね。学生時代に習ったのだけど忘れてしまった……という方にも役立つのが旅行雑誌「TRANSIT(トランジット)」。図や写真がいっぱいで、パラパラとめくるだけでローマの歴史がすっと入ってきます☆

今回の記事では、古代ローマ時代の歴史に触れつつ、「TRANSIT(トランジット)31号」を紹介します。

⇒⇒⇒「TRANSITトランジット」(amazon)

 

ローマを観光する上でまずは知っておきたいこと

古代ローマ時代の年代

ローマの写真

「TRANSIT 31号」88ページ抜粋

イタリア旅行のハイライトといえば、首都ローマ。

ロンドン、パリに次ぐヨーロッパでも有数の観光地です。

年間700~1000万人ほどの観光客が訪れるのだとか。

お目当ては、「古代ローマ時代」に築かれた遺跡の数々。

コロッセオ、パンテオン、フォロロマーノ。

古代ローマの時代とは、紀元前753~紀元395年

 

日本ではいつの時代に相当する?

ローマ帝国と飛鳥時代の年表

「TRANSIT 31号」44・45ページ抜粋

日本の縄文~弥生~古墳時代に相当します。

 

ローマ帝国はこんなに小さなエリアからはじまった

古代ローマの領土

「TRANSIT 31号」46ページ抜粋

ローマ帝国のはじまりは、川のほとりの小さな都市国家でした。

「TRANSIT(トランジット)31号」の図(上記)を見て改めて驚きました。はじめはこんなに小さなエリアだったんだなぁっと。

パラティーノの丘(観光スポットのひとつ)を中心に6つの丘に取り囲まれ、ローマの町がありました。

領地を守るように城壁が整備されています。

 

「ローマは一日にして成らず」

という故事(ことわざ)ありますよね。

「ローマは一日(いちにち)にして成(な)らず」

Rome was not built in a day.》大事業は、長い間の努力なしには完成されないというたとえ。

出典:goo辞書

このことわざの通り、小さな都市国家にはじまったローマ帝国ですが、長い年月をかけて紀元117年頃(トラヤヌス帝の時代)にはその領土を最大とします。

 

最盛期のローマ帝国の勢力図

ローマ帝国図

「TRANSIT 31」84・85ページ抜粋

現在の

・イギリス
・フランス
・スペイン
・ギリシャ
・エジプト
・モロッコ

……等々がローマ帝国の領土になったのです。

ですので、地中海沿岸地域のあちこちにローマ帝国の遺跡が残っています。

そして、勢力拡大の戦略や思想などは現在でも学ぶべきことがたくさんあります。ここでは割愛させていただきますね。

 

ローマの観光で必ず訪れる定番スポット

フォロ・ロマーノ

フォロ・ロマーノ

「TRANSIT 31」48ページ抜粋

ローマ観光では、古代ローマ時代の名残を見学。2000年も前に造られた建築物の跡を見ることができます。なかでも、中心地であったフォロ・ロマーノには、議事堂、法廷、市場などが遺跡として残っており、必見です。

 

コロッセオ

コロッセオ

「TRANSIT 31号」49ページ抜粋

そして、ローマ観光で必ず訪れる「コロッセオ」。

「コロッセオ」

80年頃に落成。剣闘士協議が有名だが、模擬海戦、公開処刑などにも利用された。

出典:「TRANSIT 31号」49ページ

実際に訪れると、その大きさと長い歴史の歳月に感銘を受けます。

 

旅に出たくなるエッセイ

ローマに関するエッセイ冒頭

「TRANSIT 31号」71ページ抜粋

「TRANSIT 31号」では、ルカ・カビーノ氏(イタリア人)と井出幸亮氏(日本人)の旅のエッセイを掲載。お二人が北はミラノから南はナポリまで、ローマの遺跡を訪ねながら旅した様子をユーモアを交えて紹介されています。

ミラノの出身のイタリア人から見たローマ遺跡に関する感じ方と、外国人(ここでは日本人)の視点から書かれており、面白かったです。

そして、道中の楽しそうなやり取りを読んでいると、とっても旅に出たくなりました。

旅に出ると新たな発見があったり、自分の考えがふとまとまったり、普段とはまったく異なる感覚が呼び起こされていいですよね◎

 

古代ローマ人の恋愛観など

さて、旅のエッセイに加えて面白かった記事がこちら↓

ローマと飛鳥時代の比較

「TRANSIT 31号」139ページ抜粋

古代ローマ人の恋愛観が、日本の奈良時代と比較されながら書かれています。

ローマと飛鳥時代比較(恋愛について)

「TRANSIT 31号」148・149ページ抜粋

ネタバレになってしまうので、詳しくは書きませんが、現代とは異なる恋愛観がとっても興味深かったです。

★【最低価格保証】おすすめ予約サイト★

VELTRA