イタリアのレストランを日本語&無料で予約する方法とは?

         

イタリア旅行中に美味しいレストランで食事を楽しむには予約が必須です。特に、口コミ評価の高い人気店や、ガイドブックで紹介されているレストランでは予約なしの入店は難しいと考えておいた方がいいです。世界中から訪れる観光客に加え、地元のお客さんでいっぱいということはよくあります。

 

イタリアのレストランでは並んで順番待ちをすることはなく、あくまでも予約をして食事を楽しむのが基本。しかも、のんびりと時間をかけて食事をするので、日本のラーメン屋さんのようにはいきません。

 

また、予約しておいた方がお店の人とのコミュニケーションも取りやすく観光客にとっては安心です。たぶん、お店側が心構えをしてくれるのだと思います。ほとんどの場合、「あ、予約している日本人だ」という感じで迎えてもらえます。

 

さて、そんなイタリアでレストランを予約する方法ですが、一番確実で簡単なのは、クレジットカード会社のサービスを利用する方法です。専用のコールセンターに電話をかけ、日本語で予約を依頼するだけで良いので大変便利です。

 

まずは、ご自分の持っているクレジットカードに海外のレストラン予約を代行してくれるサービスが付いているかチェックしてみてください。

 

わたしは、三井住友VISAカードに付帯しているサービス「VJデスク」を利用しています。イタリア旅行に限らず、他のヨーロッパ諸国、アメリカ、アジア等々へ出かける予定のあるときは、日本の「VJデスク」に電話でお願いし、現地レストランの予約を代行してもらっています(手数料無料)。

【VJデスク】
三井住友プラチナカード・ゴールドカード・プライムゴールドカード会員専用番号
・電話:0120-104-980
・受付時間/9:00~18:00  年中無休(12/30~1/3を除く)
その他のカード会員専用番号
・電話:0570-020-011
・受付時間/9:00~18:00  年中無休(12/30~1/3を除く

 

また、JCBカードでも同じようなサービス「JCBプラザコールセンター」が使えます。

【JCBプラザコールセンター】
・電話:0120-788-010
・受付時間/10:00AM~6:00PM 日・祝・年末年始休

 

こちらの「JCBプラザコールセンター」ですが、唯一不便な点がありまして、”JCB提携のレストラン”でないと予約依頼に対応してくれないようなのです。つまり、お目当ての現地レストランでJCBカードが使えることが前提となります。

 

残念ながら、イタリアではJCBカードがほとんどの場合NGです……。空港やデパートを除くと、レストラン、お土産物屋さん、スーパーではJCBカードで決済できません。日本で一番流通しているカードなので意外な感じがしますよね。

 

VISA,、マスター、アメックスなど他のカードは使えるのに、JCBはほんとダメなんですよね。食事をした後、日本でいつも使っているJCBカードで決済しようとすると、きまって「ソリーsorry、ノーno」と断られてしまいます。イタリアのほとんどのレストランがJCBと提携してないのだと思います。

 

というわけで、三井住友VISAカードをお持ちの方は「VJデスク」を利用すると、イタリアの現地レストランを日本語でしかも無料で予約できます。せっかく付いているサービスなので積極的に活用してみましょう♪

 

JCBしか持っていないという方も、ひとまず「JCBプラザコールセンター」に電話をかけてトライしてみてはいかがでしょうか。うまくいけば、お目当てのレストランの予約が取れるかもしれません☆

 

もし両方ともお持ちでない方は、イタリア旅行の前に三井住友VISAカードを作っておくと便利ですよ。初年度の年会費は無料ですので、旅行から帰って来た後に解約すれば年会費を支払う必要もありませんので。

 

会員になることで、特にデメリットってないんじゃないかなと思います。旅先で困ったことがあった場合も、現地の「VJデスク」に電話をかければ助けてくれます。また海外旅行保険が付いている点も便利です◎

★三井住友VISAカードについての詳細・入会はこちらからどうぞ

詳しくはこちら
三井住友VISAクラシックカード 初年度年会費無料!

★レストラン予約の体験談はこちら
イタリアのレストラン予約を代行してもらった♪体験レポート

★ホテル予約サイト★

最終更新日:2016.05.16